キャタピブログ!illustration!
イラストレーター!キャタピ!

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - | posted by スポンサードリンク |
The first story
 
ねむい。
ここ最近、睡眠が足りておりません

ねむいよ
最近よう言う。

書き留めたい事山ほどある。




自分のツイッターを読み返す。
たった1週間前のことやのに
なんでかね。

すごい、言うてる事がもうめちゃくちゃ。

これやから女はおもしろいな。


さのわちょう


歩いても1時間
こんなに近い距離に
この距離にどんだけの高鳴り押さえてたんでしょう

真っ暗闇から片手にゴミを持ってた


見抜けない

不思議ちゃんの心を
読むには何語を勉強すればいいのか

人の事を四六時中考える
まあないでしょう

むずかしい


こんな夜は絵を描きたい

でも睡魔がじゃまする


残したいので
この一瞬を何かに表せて
存在意義を見出したいので

書いていたいけど
まとまらない

朝7時に起こしてあげる
なぜなら、お話まとめなきゃいけないから

笑顔が似合わない
大人


何ごとが起こってる?
何回も言葉に出したり
心で問いた

1秒前までは
絶対に触れられない域にいたものだった


冬の雨と夏の雨は違う
なんか言ってたけど
忘れた。

本当だった
赤いカーテン

本当に忙しそう。

全て信じる
だから必要として。





幻に近い記憶。







あなたとあたしの物語りが
まだ第一話だったらいい

全ての出会う人と自分が。


ずっとそうだったらいいのに




そう、今日はそういう日


そしてあたしはそうゆう女だ。









| 04:47 | - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by キャタピ |
スポンサーサイト
| 04:47 | - | - | - | posted by スポンサードリンク |
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://kyatapin.jugem.jp/trackback/113
<< NEW | TOP | OLD>>